クリタイトシリーズ

TOPページ > 製品・サービス情報 > 冷却水プラントの総合マネジメントサービス

製品・サービス情報

冷却水プラントの総合マネジメントサービス

クリタグループの水処理技術を応用した
総合的マネジメントサービスで、お客さまの水と環境に関する課題解決に貢献します。

※ フローシートのアンダーラインをクリックすると、詳細をご覧いただけます。

冷却塔は汚れていませんか? 洗剤容器は再利用していますか? 熱交換器は汚れていませんか? 冷却塔の整備は十分に対応できていますか? レジオネラ属菌対策はご存知ですか?

ファイバースコープによる熱交換器内部状態の確認/銅チューブの腐食リスク低減処理 タワークリンI・P・R

・ファイバースコープ
熱交換器の汚れは、ファイバースコープにより見えない部分まで確認します!
汚れを確認した場合は、洗浄を行うことで、熱交換器の性能回復させることができます。

・タワークリンI・P・R
初期処理・保管処理・緑青除去処理で腐食を防止し、熱交換器の穴あきを防止します。

水処理剤容器のリターナブル

クリタのリターナブル容器「エコシャトル」は、廃棄物を出さない循環型容器回収システムを採用しています。

薬剤容器の廃棄物削減により、環境保全に貢献します。

冷凍機のLTD測定

冷凍機の規模によっては、汚れによって年間数百万円~数千万円のエネルギーロスになる場合があります。

また、凝縮器に汚れが付着すると、金属に比べ熱伝達性が悪化し、凝縮器の「冷え」が悪くなります。

冷凍機のLTD測定により、どれだけの省エネ効果があるのか診断を実施し、お客さまとその効果を共有させていただきます。

電流値の測定


冷凍機の洗浄後、実際の省エネ効果を診断いたします。
クリタ・ケミカル関東がご提案する省エネ貢献ステップ ”瞬測”


STEP1:冷凍機のエネルギーロス現状診断
冷凍機の電流値測定により電気代使用量で、エネルギーロスを検証します。


冷凍機の規模によっては、汚れによって年間数百万~数千万のエネルギーロスになる場合があります。
また、凝縮器に汚れが付着すると、金属に比べ熱伝達性が悪化し、凝縮器の「冷え」が悪くなります。
冷凍機のLTD測定により、どれだけの省エネ効果があるのか診断を実施し、
お客さまとその効果を共有させていただきます。

STEP2:エネルギーロスの検証(運転をしながら洗浄)
洗浄剤によるエネルギーロスの回復を検証します。冷凍機を運転しながら洗浄可能。



2STEPを1日で実施し、即日ご報告いたします。

   【冷凍機省エネ診断結果】

   

【報告例(一部抜粋)】

省エネ効果(金額)と期待されるCO2削減効果を表示します。

洗浄前データ 洗浄後データ メリット
電流(A) 20.7 19.3 1.4
電力(kWh/月) 136,130 126,857 9,273
電力代(円/月) 1,633,561 1,522,281 ¥111,280
無駄なCO2排出量 3319.9 kg-CO2/月

※運転時間:720hr/月(24hr/日×30日/月)で算出

省エネ効果 1,335 千円/年
期待されるCO2削減量 39.8 ton-CO2/年

 

※ 一例につき、条件により結果は変動します。

製品ラインナップ

 
薬品 特徴 対象
冷却水 タワークリンHBシリーズ ハイブリッド処理により省エネを実現
現場で有効成分濃度の測定が可能
冷凍機・
コンプレッサー冷却水系
タワークリンNTシリーズ
タワークリンI・P・Rシリーズ 銅チューブ緑青除去、表面を改質し皮膜を形成 冷凍機水系
クリレックスシリーズ 密閉冷却水の腐食防止に 密閉冷温水系