冷却塔の整備・更新

TOPページ > 製品・サービス情報 > 冷却塔の整備・更新

冷却塔の整備・更新

クリタ・ケミカル関東がお届けする冷却塔・冷凍機の総合診断

冷却塔の機能を正常に維持するためには、冷却システム全体を視野に入れた総合的な適正管理が必要です。

冷却塔及び関連機器は、ビル管理法で定期的な保守点検・清掃も義務付けられています。
※対象建築物に限ります

冷却塔・冷凍機の総合診断項目
  • 1

    冷却塔の汚れ、劣化診断
    メーカー問わず対応可能。
    詳細はこちら
  • 2

    冷凍機のLTD診断(汚れ付着状況確認)
    汚れ付着は大きなロス。汚れ除去は大きなメリットに。
    詳細はこちら
  • 3

    熱交換器内の状況確認(ファイバースコープ点検)
    スライム・スケール・腐食の確認。
    詳細はこちら
  • 4

    冷却水 水質調査
    水質に応じた各種対策をご提案。
    詳細はこちら
  • 5

    レジオネラ属菌検査
    検査から除菌、不検出処理を行います。
    詳細はこちら
  • 6

    ビル管理法対応(対象建築物)
    清掃、洗浄、除菌、薬品処理を行います。
    詳細はこちら
診断の様子
冷却塔劣化診断報告書

診断結果に基づく対策のご提案

冷却塔

冷却塔の清掃

冷却塔は時間の経過とともに汚れ(スケール・スライム)が溜まります。
汚れが溜まると・・・・

  1. ①冷却塔(熱交換器含む) 冷却効率の低下
  2. ②充填材内部の片流れ、散水板の目詰まりによる飛散水増加
  3. ③レジオネラ属菌の増加(レジオネラ症 発症リスクの増加)
ポイント
  • ・強固な充填材スケールも、適正薬品と高圧洗浄の併用により除去が可能
  • ・清掃時に稼働中にできない部位の点検も合わせて実施
  • ・充填材を傷めず、より多くの汚れを除去する充填材脱着清掃も実施
      ※状況に応じ対応
  • ・冷却塔及び冷却水系全体の除菌洗浄が可能
駆動部、充填材等の消耗、劣化による整備
主な整備内容
  • ・充填材交換
  • ・駆動部
    (ベアリング、ファン、プーリー、モーター、ベルトなど)の交換
  • ・冷却塔更新、移設
  • ・付帯設備(ダクト、手摺など安全対策)の施工
ポイント
  • ・メーカー問わず対応可能
  • ・診断結果をもとに、長期的な修繕計画を作成
~冷却塔からの異音はトラブルの予告~

冷却塔からの異音発生は、トラブルの前兆です。

特に、翼車の劣化・亀裂は、運転中に脱落の恐れがあり大変危険です。

更新により、性能アップ・騒音低下に繋がります。

設備に最適な洗浄剤の選定と仕様のご提案
圧縮式冷凍機の薬品洗浄前後
洗浄前
洗浄後

洗浄後のきれいな状態を保つには(効率維持、安定稼働、長期保全) 効率維持対策

洗浄前後の改善効果を「見える化」

熱交換率が下がるとエネルギーロスが増えます。

定期的な温度測定をし、エネルギーロスが増える前に、薬品による洗浄を行いましょう。

 
【スケールの熱伝導率】
W/(m・K)
kcal/(m・h・℃)
①けい酸塩主体のスケール
0.2~0.5
0.2~0.5
②炭酸塩主体のスケール
0.5~0.7
0.4~0.6
③硫酸塩主体のスケール
0.6~2.3
0.5~2.0
④銅
370~420
320~370
⑤水
0.5~0.7
0.5~0.6
栗田工業(株)社内データ    

レジオネラ属菌除菌・未検出処理対策のご提案

レジオネラ属菌分析

クリタ分析センター発行による
試験報告書

レジオネラ症の監視と対応

「レジオネラ症防止指針」第3版から抜粋」
点数の付け方と検査回数は第3版で変更されました。また、蓄熱槽の管理について第3版で明記されたのでご注意ください。

100 CFU/100 mL以上のレジオネラ属菌が検出された場合には、直ちに菌数を減少させるため、清掃、消毒等の対策を講じます。
また、対策実施後は、検出菌数が検出限界以下 (10 CFU/100 mL未満)であることを確認します。

一度感染症が発生すると、大きな被害を被ることがあります。
  • ・被害者への補償
  • ・施設休館・利用停止に伴う補償
  • ・風評被害による顧客の損失 ・・・など

洗浄後のきれいな状態を保つには(効率維持、安定稼働、長期保全) 効率維持対策

診断結果に基づくビル管理法対応へのご提案

ビル管理法への対応

ビル管理法の改正(H15.4.1)により、対象建築物の対象範囲が拡大し、1)建築基準法にいう建築物であること 2)特定用途に用いる延べ面積3,000㎡以上の建築物はすべて対象となりました。
※特定用途;事務所(工場内含む)、興行場、店舗など

ビル管理法による特定建築物の、空気調和設備における『病原体による汚染』の防止対策の強化措置
  • ①冷却塔及び加湿装置に供給する水は、水道水基準を満たす水を用いること
  • ②冷却塔、冷却水及び加湿装置の汚れの状況を、当該機器等の使用開始及び試用期間中の
     1か月以内ごとに1回、定期的に点検し、必要に応じて換水、清掃等を行うこと
  • ③空気調和設備内に設けられた排水受けの汚れ及び閉塞の状況を、当該機器の使用開始時
     及び使用期間中の1か月以内ごとに1回、定期的に点検し、必要に応じて清掃等を行うこと
  • ④冷却塔、冷却水の水管、加湿装置の清掃を1年以内ごとに1回、定期的に行うこと
  • ※厚生労働省ホームページより


除菌措置・配管洗浄

高圧ジェット洗浄による物理的清掃

適正で安全性の高い薬品による化学洗浄


クリタ分析センター

物理・化学洗浄後の水質測定

冷却塔の清掃はこちらをご覧ください。  冷却塔の清掃

工場プロセス全体の省エネルギー・環境負荷低減のフローはこちらをご覧ください。  冷却水プラントの総合マネジメントサービス

冷却塔点検サービスのご案内

診断項目


診断箇所診断項目診断内容
送風機周りモーター(電動機)本体の腐食
稼働時の異音、振動
絶縁抵抗の確認
減速機プーリの腐食、摩耗
ベルトの摩耗
ケーシング軸の腐食
ファンプーリの腐食、摩耗
ベルトの摩耗
ケーシング軸の腐食
ファンガード腐食の確認
変形の有無
冷却塔内充填材劣化の有無
詰まりの有無
変形の確認
塔内鉄骨部腐食の確認
横梁、中梁部分の劣化、腐食
(特に冷却塔鉄骨部図の⑦、⑧)
内部配管ボールタップの動作
ストレーナの変形
配管の腐食
配管の水漏れ
冷却塔外観外側板破損の確認
ルーバー破損の確認
ファンサポート腐食の確認
上部散水槽劣化、破損の確認
下部水槽水漏れ、劣化、破損の有無

診断結果に伴う判断指標

診断結果は、項目ごとに以下の3点で判断します。

  • ① 早急に整備が必要
  • ② 不具合はみられるが、すぐに運転に支障をきたさない ⇒ 2~3年内での交換を推奨
  • ③ 問題なく、今後も使用可能

上記診断結果をもとに、整備と更新双方のご提案をさせていただきます。