クリタイトシリーズ

TOPページ > 製品・サービス情報 > ハイブリッド水処理

クリタの新冷却水処理技術 ~ハイブリッド水処理~

コンパクトハイブリッド水処理システムで、まずはお手軽に省エネしてみませんか?
コンパクトハイブリッド水処理システムとは?
  • ・適用方法は、従来のタワークリンNTシリーズに活性化薬剤専用の添加装置を設置するだけです。(電気工事・配管工事は一切不要)
特徴
  • ・構造がシンプルで安価。
  • ・設置が簡単・設置後の薬品投入も容易。
  • ・設備停止時は活性化剤を溶解しません。
  • ・少ない投資で大幅な省エネ改善が図れます。
開放冷却水処理でこんなお困りはありませんか?
  • ・水処理薬剤を使用しているが、冷却塔の汚れ(スライム)が多い。
  • ・メーカー推奨の薬剤濃度を維持しても、スライムが取れず、薬剤添加量を増やしている。

冷凍機は水側から汚れが付着すると驚くほどエネルギーロスが発生します。

※冷凍機チューブ内にぬめりを感じる程度でも、5~10%のエネルギーをロスしています。

例えば、1000RTの冷凍機の効率が10%低下すると……

冷凍機種類 吸収式冷凍機 ターボ冷凍機
エネルギー種 ガス(13A) 蒸気 電気
清浄時運転コスト(千円/月) 14,673 12,408 4,929
エネルギーロス(千円/月) 1,467 1,241 493

※ 一例につき、条件により結果は変動します。    

 
クリタの新冷却水処理技術(ハイブリッド水処理)のメリット
  • 1

    冷凍機の水側からの汚れによるエネルギーロスを解消

  • 2

    衛生環境の実現 レジオネラ属菌不検出状態の維持

  • 3

    冷凍機開放点検やチューブ突きの低減/スキップ

冷却水処理の改善で5%以上の省エネを実現!

クリタのオリジナル技術

独自のスライムコントロール

独自のスライムコントロール技術である付着防止・剥離・殺菌の融合により、今までにない抜群のスライム処理効果を発揮します!スラコン強化でも腐食の心配はありません。

自動制御による薬品濃度のベストコントロール

自動制御によって、汚れ付着防止と殺菌を最適な状態でコントロールします。

モニタリングによる現状診断・省エネ効果検証

水処理による省エネルギー運転状態をお客様と共有し効果を確認します。

スライム付着抑制により熱交換効率が改善すると、エネルギーロスの軽減=省エネルギーに繋がります。

従来冷却水処理において、大幅なコストアップ、設備改造を行うことなく改善が図れます。

クリタ・ケミカル関東の省エネ貢献ステップ